不況に陥った首都圏の賃貸事情ですが、この数年で様々な新サービスが提供されたことにより変化が生じています。

最近の賃貸物件の傾向
New Topics
最近の賃貸物件の傾向

首都圏における賃貸事情

PAGETITLE
持ち家か賃貸か。特に不動産価格の高い首都圏では大いに悩むところです。ところがこの数年で首都圏の賃貸事情が変化を見せ始めています。以前は、首都圏での賃貸事情は若者が多いということで非常に安定していました。しかし最近では、消滅可能都市となった豊島区を筆頭に賃貸住宅の空室率が上昇しています。原因は、少子化による若者の減少、65歳以上の独身高齢者の増加等が考えられます。空室率が上昇すると家賃収入が減り、ただでさえ高額な固定資産税の負担が増え、最近では不動産ではなく負動産といわれています。

このような状況の中、賃貸事情が大きく変化を見せ始めています。入居者に魅力的な様々なサービスが提供されるようになってきています。冒頭の豊島区では、自治体が中心となってリノベーション賃貸住宅を提供し、大きな成果をあげています。また、大手の不動産管理会社では、初期コスト大きく下げることによって、都心の賃貸住宅に住みやすいようなサービスを提供しまじめています。一例をあげると、都心部の高級マンションで敷金1カ月、礼金ゼロ、手数料ゼロ、また場合によってはフリーレントがついたりしてきます(この場合、保証会社への加入が必須となり、0,5〜1か月の保証料が発生します)。

入居者が住みやすい状況を作る新たな様々なサービスが、不振に陥った首都圏の賃貸事情を大きく変えようとしています。

Copyright (C)2017最近の賃貸物件の傾向.All rights reserved.