子供と高齢者の両方が生活しやすい賃貸として、階段の角度も緩やかで手すりの位置もこだわる物件が挙げられます

最近の賃貸物件の傾向
New Topics
最近の賃貸物件の傾向

階段の角度などで賃貸の選びやすさも変わってくる

PAGETITLE
間取りの選び方や階段の作り方一つで、子供の居る家庭向けや高齢者向けの住宅は見分けが付くものです。特に階段などは物件見学をするまでもなく、その物件の写真を眺めているだけでも子供や高齢者にとって、生活しやすい物件になっているのか分かります。子供や高齢者も生活しやすい物件というのは階段の角度も緩やかであり、あまり足腰に負担をかけずに階段を上りやすい様にしてくれているのです。まだ腰を痛めていないという方であったり、大人の目線から見ると階段の角度など大して気にならないポイントかもしれません。しかし子供や高齢者から見ると、もっと緩やかな階段のある賃貸を選んでほしかったと思われかねないです。家族全員が喜べる住宅を目指すのであれば、階段の角度を基準として住宅を比較するのも良いでしょう。

そして高齢者や子供から更に喜ばれやすいのが、階段に取り付けられている手すりの位置が丁度良いという事です。大人に合わせた高さの手すりだけではなく、子供にも掴みやすい位置に手すりを取り付けてくれている物件も珍しくありません。そういう物件では子供が階段から転げ落ちてしまう可能性を減らせるだけではなく、腰を曲げながら階段を上る高齢者の役にも立ってくれるのです。

Copyright (C)2017最近の賃貸物件の傾向.All rights reserved.