広々としているオープンキッチンでありながら、あえて部屋の中に段差を取り付けている様な賃貸も見付けられます

最近の賃貸物件の傾向
New Topics
最近の賃貸物件の傾向

考えがあって部屋に段差を付ける賃貸

PAGETITLE
なるべく住宅の中に段差が無いバリアフリーの住宅を選びたいという、フラットな構造にこだわった方も現在では多いと思います。しかし敢えて部屋の中に数cm程度の段差を作る事によって、デザインにアクセントを加えてくれている賃貸も中にはあるのです。そういった物件が何故に段差を作っているのかと言えば、オープンキッチンなどの特徴を持った物件の空間に敷居を作る為だと言われています。オープンキッチンで家族揃って料理を食べる場所と、テレビを見ながらくつろぐ場所を分ける事によって、広々ととしていながら生活スペースを区切る事が出来るのです。

そういう物件は床に段差をつけるだけではなく、段差を境目として天井の色も変えられている場合もあります。キッチン部分だけ汚れが付着しても目立ち難い色にしてくれていたりと、その住宅で生活している側がストレスを溜めにくい配慮も施してくれているのです。オープンキッチンの様に広々とした空間というのは、全てがフラットでなければいけないという事はありません。むしろ空間に分かりやすい境目を付けた方が、自分達にとって程よい広さの空間でくつろいでいるというイメージも持たせてもらえる場合もあるという事を意識しましょう。

ピックアップ

Copyright (C)2017最近の賃貸物件の傾向.All rights reserved.