私が少し気になった、「個人住宅の賃貸流通を促進するための指針」についての情報を書きたいと思います。

最近の賃貸物件の傾向
New Topics
最近の賃貸物件の傾向

意外としらない色々な賃貸の形

PAGETITLE
今年、国土交通省から「個人住宅の賃貸流通を促進するための指針」という物が発表されたそうです。その内容と言うのは、今までは入居者の方がリフォームや壁紙を変えたり、キッチンなどを変えたりすると、その家を出る時には元に戻してから出る必要がありました。

ですが、これからは入居者がリフォームしたいと借主に申し出て、借主がそれを承諾すれば、入居者がその家を出る時にはそのままの状態でもいいという事らしいです。例えば、借りている家のお風呂に『おいだき』機能があったら便利なのに。と思ったとします。

その旨を借主に伝え、借主が承諾すれば、自己負担にはなりますが、おいだき機能を付ける工事を行える。という事みたいです。入居者側のメリットとしては賃貸でも好みに合わせて変えても出る時はそのままでいいと言う事ですかね。転勤などが多い方でも自分好みに家をイジれると言うのは魅力的かもしれませんね。借主側のメリットとして修繕費などを抑えられて、家賃などが下げられたりするかも?と言う事らしいです。それは入居者にとってもメリットになりますかね。こう言う風に色々な人のニーズにあった形の賃貸契約が増えていけば様々な経済効果も生まれてきそうですね。拙い文章ですが参考になれば幸いです。

Copyright (C)2017最近の賃貸物件の傾向.All rights reserved.