賃貸住宅のなかでも、賃料の安い物件には特徴があります。どういう特徴なのかについて書いてみました。

最近の賃貸物件の傾向
New Topics
最近の賃貸物件の傾向

最近の賃貸物件の傾向

PAGETITLE
賃貸住宅に住むなら、なるべく家賃は安い方がいいはずです。部屋に対する特別のこだわりなどがないならば、より家賃の安い物件を選ぶべきです。とはいえ、家賃の安い部屋というのはどういう部屋なのでしょうか。まず、やはりマンションよりもアパートの方が家賃安い傾向にあります。

アパートというのは、マンションとの明確な違いはありませんが、しかし木造建築のものがほとんどであり、したがって鉄筋コンクリート造りの多いマンションよりも家賃が安めの傾向があります。賃料を抑えたいのであれば、マンションよりもアパートを選ぶべきでしょう。バス・トイレ別という物件がありますが、ユニットバスと比べると、賃料が高めに設定される傾向にあるようです。バスとトイレは別であるほうが暮らしやすいことは暮らしやすいのですが、特にこだわりがなければユニットバスを選んだ方が賃料は安く済みます。また、部屋の間取りでも賃料は大きく変わってきます。1LDKと2DKだと、1LDKの方が賃料は高い上に物件数も少ないです。部屋の大きさ自体にはほとんど違いがない場合でも、1LDKの方が2DKよりも賃料が高いのです。間取りにこだわらなければ、賃料を安くできるということです。

このように、条件を少し落とすだけで、家賃をぐっと安くすることが可能なのです。

ピックアップ

Copyright (C)2016最近の賃貸物件の傾向.All rights reserved.